【デレマス】9th アニバーサリー 砂塚あきらをお迎え

【デレマス】9th アニバーサリー 砂塚あきらをお迎え

アイドルプロデュースのイベント終了後、それぞれお迎えできたので別記事にして更新します。

イベントのエピソードとは別に、今回は砂塚あきらのエピソードを紹介します。

今回お迎えしたアイドル

[9thアニバーサリー] 砂塚あきら

[9thアニバーサリー・S] 砂塚あきら

[9thアニバーサリー・S] 砂塚あきら+

エピソード 前編

場面はジュエリーブランドのアンバサダー就任の発表前。SNSに何か投稿しようと、ハッシュタグを考えていました。

記念日とかは気にしないと話すあきらですが、プロデューサーなら大切にしそうかなと思っていました。

(確かに記念日とかは大切にしたいタイプです。)

休憩も終わり、アンバサダー就任の挨拶とコラボアクセサリーのお披露目に行こうとするあきら。

自分なりにやってくると話します。

上手くやろうとか気負わず、自分らしく居ることを今でも思っていると話すあきら。

そんな自分を待っている人がいて、喜んでいる人もいるから、アイドルって面白いなと思い始めたのでした。

エピソード 後編

場面はLIVEステージ。おそろいの衣装にオリジナルのアクセサリーで、ファッション好きのあきらとしては最高の日だと言います。

でもそれだけではないようで…

アイドルとしてのサイコーも更新したいと話し始めます。最初は熱くなりすぎても、いいことないと思っていたあきら。

アイドルは独りでやるものではないし、ゲームや配信と違って気分で終わらせるわけにもいかないもの。

今でも無理は意味ないし、したくないと考えているあきらですが、中途半端にもしたくないから熱くなっていると話します。

ゲームで例えるなら、まるでハイスコア狙いのように…

こんな自分も悪くないと言うあきら。

プロデューサーとアイドルをやっていく中でアップデートされた、自分だけのスタイルだと話すのでした。

サプライズコメント

LIVE後のパーティー会場にて、未央からアニバーサリーを大いに盛り上げてくれた4人へむけて、サプライズでコメントをもらう流れになりました。

このお仕事を受ける前は、自分より適任がいるのではないかと思っていたあきら。

しかし、選んでもらったからには楽しもうと決めていた様子。

実際にアニバーサリーのステージに立ってみて、重みや期待などいろいろわかったと話します。

それらを感じて緊張したけれど、それ以上に気分が高まる部分の方が大きかったようです。

アイドルに関してまだよくわかっていないけれど、こういう経験を積んでいって何かになるとは思っていました。

これからも自分らしいスタイルで、アイドルをやっていくとコメントを述べたのでした。


来年もいろんなお仕事やイベントが入ってくると思います。

自分らしさを貫きながらも、あきらにはいろんな経験を積んでもらいたいと考えています。

そしてそれは無駄になることなく、知識として蓄えられるものですから、さまざまな場面で活かして行けたらいいなぁって思っています。

その他、ほかの担当・副担当アイドルも同様に、来年も同じようにプロデュースしていきます。

デレステカテゴリの最新記事