【デレマス】ミュージックJAMにフォー・ピース出演

【デレマス】ミュージックJAMにフォー・ピース出演

2021年5月に行われた、デレマスのイベント・ミュージックJAM。

複数のLIVEステージで、たくさんのアイドルが出演するイベントでした。

そこに出演することになったのは、ライラさんが組んだことのあるバンド、フォー・ピースでした。

(フォー・ピース以外にも出演するユニットはいますが、ここでは割愛します。)

フォー・ピースとは?

メンバーはボーカルに多田李衣菜、ギターに冴島清美、ベースに涼宮星花、そしてドラムにライラさん。

2014年夏、ガールズバンドロックフェスティバルに出場するため、レッスンを重ねて演奏を披露しました。

このイベントが終わりを迎えた際には、李衣菜が解散を宣言してしまったのですが…

今回また再結成、あの伝説のバンドが復活ということで、このブログでも取り上げていこうと思います。

担当のライラさんを中心に見てもらって、紹介もしていきます。

ソロLIVEもあるよ、ライラさん

ユニットLIVEに到達するまでは、それぞれのメンバーのソロLIVEもあります。

一定数まで行くと、フォー・ピースと対面するという流れです。

純粋に音楽を楽しんでいる感があるし、この4人で作り上げるLIVEをいつかこの目で見てみたいものです。

イベントエピソード

フォー・ピースはスプラッシュステージでLIVE。そこで見ることのできるエピソードを紹介します。

LIVE会場はフォー・ピースを呼ぶ声であふれていました。

会場中がすごい熱気だと言う星花に対し、ライラさんは「ボーボーに燃えている」と言います。

ライラさんが話している時の特徴は丁寧な言葉遣いに伸ばし棒で、オノマトペを多用しています。

※オノマトペとは、さまざまな状態や動きなどを音で表現した言葉のことを言います。


李衣菜からメンバー紹介に加え、ゲストに小日向美穂と野々村そらが来てくれたことを紹介します。

美穂から素敵と言われ、李衣菜はフォー・ピースが何度でも復活する理由、何度でも集まる理由を話題に出します。

フォーピースは元々、新しいことに挑戦するという企画から生まれたバンドでした。

ライラさんが言うように、ドラムを叩くのも初めてのことでした。

その当時、唯一の楽器経験者は星花だけでした。(親譲りのバイオリンを持っていて演奏できます。)

そうして技を磨き、ロックの持つ可能性にかけたと話す星花。

フォーピースをやり遂げた自分たちは、それまでの自分自身から「変わった」ようです。

ライラさんは自分の中に別のライラさんが眠っていたと話し、星花はクラシックとは異なる高揚感にすっかり虜(とりこ)になってしまった様子。

清美は初めは風紀を乱すような音楽に身構えるも、挑戦を通じて考えを改めました。

ロックは風紀を乱さない、どの音楽も素晴らしいものだということに気付いたのです。

李衣菜もロックの魂を伝えているうちに、使命感というような新しい感覚が芽生えてきたと言います。

そしてフォーピースがこうして集まる理由は、どれだけ成長したのかを確かめ合うためだと言います。

それに続けて李衣菜は自分たちフォー・ピースは、ずっと何かを探し求めている同士だから共鳴していることも話します。

清美は正しさと向き合う覚悟を求め、星花はありのままに羽ばたく心を求め、ライラさんは自分が自分である証明を求め、李衣菜は人生の深みを求めていました。

星花からはフォー・ピースは李衣菜の一声で何度も集まると聞きました。

新しくなった自分をぶつけ合うために…

ライラさんのハートも熱くなってきたようで、叫んでいました。

その声に観客も盛り上がります。

清美から美穂とそらに対して、「体の奥から湧きあがる熱いものがあるでしょう」と言われ…

ライラさんは「美穂さんの中に生まれたばかりの新しい美穂さんを叫ぶ」のだと言います。

その言葉を聞いた美穂は、クールにロックアイドルにチェンジして、その場を盛り上げるのでした。

そして李衣菜の一声で、フォー・ピースと美穂、そらのスペシャルセッションが始まったのでした。

オノマトペもかわいいよ、ライラさん

一定まで行くとスーパーLIVEが行われるのですが…

おそらくドラムを叩いているであろう、ライラさんのオノマトペも可愛らしいです。

以前から独特な話し方、表現方法だと言うことはわかってはいたのですが、今度からは気を付けて見てみることにします。


以上がライラさん並びにフォー・ピースの紹介でした。

成長を確かめ合うために、こうして再結成をして集まるフォー・ピース。

ただLIVEやお仕事のために集まっているわけではないことを実感しました。

これを機に、ライラさんやフォー・ピースのことをいろんな人にも知ってもらいたいと思っています。

デレステカテゴリの最新記事