【7周年記念】第43回 スコアマッチ【Aqoursイベント】

【7周年記念】第43回 スコアマッチ【Aqoursイベント】

7周年イベントの4回目はAqoursのイベントで、スコアマッチでした。こちらの記事では手に入れた部員や、ストーリーをピックアップして紹介しています。

イベントpt報酬では千歌、鞠莉、花丸、善子、曜を手に入れ、ランキング報酬では梨子と果南を手に入れました。雨の日編ということで、みんなそれぞれの個性のある傘を手にしています。

雨の日編の覚醒済みSR部員(7名)

千歌はコンボ32を達成するごとに、36%の確率でスコアが570増える特技。

鞠莉はリズムアイコン24個ごとに、31%の確率で判定が4秒強化される特技。

花丸はリズムアイコン29個ごとに、35%の確率でスコアが410増える特技。

善子はリズムアイコン21個ごとに、26%の確率で判定が4秒強化される特技。

曜はPERFECTを26を達成するごとに、50%の確率でスコアが305増える特技。

梨子はリズムアイコン32個ごとに、25%の確率で2秒間Aqours2年生の属性Pが10%UPする特技。

果南はリズムアイコン27個ごとに、39%の確率で判定が3.5秒強化される特技。

イベントストーリー

ゴールデンウィーク中はキャンプに行っていたAqours。ダイヤはいまだはしゃぐ千歌たちを見て、明日から始まる学校生活に少し不安を感じていました。

その不安は的中して、旅行疲れに寝不足で練習もできない様子。その場で寝てしまうメンバーもいました。

ふと用事を思い出した鞠莉は部室から出ていきます。Aqours宛ての荷物を事務室に預かってもらっていて、それを果南と一緒に取りに行くことになりました。

キャンプ場で子どもたちと遊んだAqoursですが、そのお茶屋さんをやっている方から、摘みたての新茶が送られてきたのでした。

手紙と一緒に招待状も同封されており、そこにはAqoursへのお誘いがありました。どうやら茶道の家元の方々を招いたお茶会があり、そこに参加してみないかということ。

ダイヤは昔、いろいろな習い事をしていて、その中に茶道も含まれていました。浦の星女学院の名に恥じぬよう、ダイヤから茶道を教わることになりました。

※上の画像より、読み方:野点(のだて)

ある日茶室に集まったAqours。この茶室は鞠莉のパパの知り合いが持ち主で、建て替え前で今は使っていないからという理由で貸してくれたのでした。

お抹茶を点てるダイヤ。基本的な流れを見せてくれるとのこと。飲み慣れていない千歌は、その苦さに驚いて声をあげてしまいます。(お茶好きの自分としては、その苦みこそも美味しさだと考えています。)

梨子と花丸は問題ないとして善子は正座で足がしびれて体勢を崩してしまい、ルビィ,千歌,曜はお茶の苦みに慣れる必要があるとのこと。

飲んだ人が美味しいと思えるようなものがいいと何気ない言葉を発した千歌に、ダイヤは何か考えこんでしまいました。

ダイヤを待っていた果南と鞠莉。途中から元気がなくなったダイヤに気付き、心配していたのでした。千歌がいつも相手の気持ちになって、みんなを楽しませようと言う心意気の中、そのことをつい忘れてしまうと話すダイヤ。

ダイヤは今のAqoursの中で、自分の存在が浮いてしまっているのではないかと考えていました。果南と鞠莉はそんなことはないと励ますも、その場から去ってしまうダイヤ。

このことを千歌たちに相談する二人。千歌は余計なことを言ってしまったと謝ります。ダイヤを元気づけるためにはどうするかを考えます。

お茶の苦みに悩む曜、花丸はお茶に砂糖は入れられないけれど、代わりに甘いお菓子が一緒に出ることを話題に上げます。それを聞いたルビィは何かひらめいたようで、みんなに協力してもらいたいと話すのでした。

休日にダイヤを呼び出した鞠莉。部室の中には和菓子ベースや、和洋折衷のアレンジの抹茶味のお菓子が並んでいました。

お茶会に招待された時は、お菓子を持っていくのが礼儀とのこと。御水屋見舞(おみずやみまい)といって、お招きいただいたことに対して感謝の心を表したお礼や、お茶会開催の準備の大変さをねぎらったり、お手伝いの方々への慰労(いろう)の意味を込めて贈るものとされています。

今回はそのお菓子を作り、ダイヤに試食してもらって意見を聞きたいという話になったようです。抹茶が苦手な人でも、お茶会を楽しんでもらうためにはどうしたらいいかと考えていたのでした。

自分でいいのかと言うダイヤでしたが、みんなの頼りになると言われたダイヤはとても嬉しそうでした。

あとは最近疲れているダイヤを元気づけるものであったことも明かします。一度は否定するも、疲れていたのかもしれないと話すダイヤ。果南曰く、ダイヤは自分の気持ちをごまかして、無意識のうちに隠してしまう癖があると言います。

どうやら元気になってくれた様子で、抹茶味のお菓子の試食を始めるのでした。

一体どんなお菓子を作って持って行ったのかは描かれていませんが、お茶会を楽しんできたAqours。本格的な抹茶を味わえたほか、千歌たちが持って行ったお菓子も喜んでもらえたと言います。

ダイヤのおかげで作法を学んだ千歌たちは、お茶会でも問題なくこなせたようです。少しはみんなの役に立てたことを喜ぶダイヤ。

千歌は少しだなんて謙遜すぎると言い、私たちにはダイヤさんが居ないと…と話します。気を良くしたダイヤは短期間でもお茶の作法を覚えられたのだから、今度の中間テストにもその応用が利くとやる気に満ちていました。

勉強会もやってライブの練習も今まで以上に頑張ろうと話している最中、危機を感じたのか用事を思い出してさりげなく去っていく千歌たち。

またいつも通りのダイヤに戻ったわけですが、鞠莉からのツッコミを受け、物語は幕を閉じるのでした。


昨日からμ’sの新イベント・アイコンコレクションイベントが始まっています。ストーリー紹介は辞めて、入手した部員の紹介や結果などはTwitterにて投稿することにしました。

つまりはスクフェスコンテンツの更新頻度が減るわけですが、また何か特別なことが起きた際にはまたこちらのブログに記録を残していこうと考えています。

ラブライブ!サンシャイン!!カテゴリの最新記事