今までバーチャルブロガーを名乗っていたけど、バーチャルって名乗るのをやめてブロガーになります。

今までバーチャルブロガーを名乗っていたけど、バーチャルって名乗るのをやめてブロガーになります。

言いたいことの要約はタイトル通りです。本当はTwitterに書いていこうと思っていました。

しかしかなり長文になる上、今後の活動にも深く関わってくるお話なので、ブログ記事にして更新します。

あくまでも自分の肩書と方向性を変えるだけであって、やめるわけではありません。

バーチャルブロガーとは?

本題に入る前に改めて説明します。明確にいつ出てきたかは言えませんが、バーチャルYouTuberから派生したのがバーチャルブロガーです。

かつての記事の中で、バーチャルYouTuberのブログ版がバーチャルブロガーだと書いていたこともありました。

バーチャルYouTuberと同様、はっきりとした定義はありませんが、バーチャル上で活動している設定のブロガーだと言われています。

またバーチャルブロガーを名乗っている方の多くは、独自のキャラクターで活動し、そのキャラクターを演じているように感じました。


ではバーチャルブロガーと普通のブロガー、いったい何が違うのか?と問われると同じものであるとしか言えません。

アイコンにイラストを使ったり、吹き出しでキャラクターに会話させたりする手段は、バーチャルブロガーではなくても普通のブログでもやっています。

バーチャルYouTuber、VTuberはいろんな人に知れ渡り、だいぶ浸透してきたように感じますが、バーチャルブロガーはあまり見かけることがありません。

ブログ自体は更新しているものの、バーチャルブロガーを名乗らなくなっていたり、ブログ更新そのものが途絶えて、行方不明になっている方も多く見かけます。

バーチャルブロガーを名乗ろうと思ったキッカケ

今までそういう関連で書いていた記事を編集し、今後は名乗らなくなるので、この場でそのキッカケを書いていこうと思います。

当時活動していたアメーバブログで、ブロガー 7年目を迎えていた頃、Twitter上で”バーチャルブロガー”という真新しい言葉を発見したことが始まりです。

バーチャルブロガーを名乗る人のブログを見て、当時は「こんなにもやっている人が多いなら、自分も名乗ろう!」と便乗した形で始めました。

ブログを更新していく中で、バーチャルブロガーのことをもっと知ってもらおうという考えで動いていました。


正確に名乗り始めたのは2018年8月からで、元々ブログを始めた2010年12月から似たような活動を続けてきたことに関連付けていました。

後になって考えてみれば、似ているも何もバーチャルブロガーとブロガーに違いはありません。もっと早くそのことに気付くべきでした。

なぜバーチャルブロガーと名乗るのをやめたのか?

バーチャルブロガーと名乗っていた当初から、ブログスタイルを変えずに続けてきました。それはWordPressに引っ越ししてもそうでした。

先ほどバーチャルブロガーは「キャラクターを演じて活動されている方が多い」と書きましたが、自分のブログスタイルはそれに当てはまっていません。

アイコンはVカツを使用していて仮の姿ではあるけれど、この体でキャラクターを演じたり、なりきることは一度もありませんでした。

(ちなみに真の姿はTwitterのアイコンより)

(吸血姫だけれど)私という存在は実在していて、何者かになりきることもなくブログ更新を続けてきたというわけです。

そしてそれは今後、自分がやろうとしている活動にも繋がっていきます。

やろうとしている活動とは?

結論から言うとYouTuber。ただ従来のYouTuberと違うのは、この真の姿で活動していくことです。

キャラクターになりきって活動するのではなく、自分は存在しているので「バーチャルではない」と考えるようになりました。

たとえば自分の話をあげるなら、趣味でお茶をたしなんでいるのは事実で、設定やなりきりではないし、ブロガーであることも事実で、けっして演じているわけではありません。

元々バーチャルYouTuber、VTuberには憧れを抱いていて、自分もそうなりたいと思っていました。ただ変わったのは、「バーチャル○○」と名乗るのをやめただけで活動をやめる話ではありません。

そのため活動していく上で目指そうとしているのは、バーチャルを公言しない(バーチャル)YouTuber活動

それもYouTubeでは動画をメインに活動し、配信プラットフォームは慣れ親しんだツイキャスで行います。


世界にはいろんなバーチャルYouTuber、VTuberがいますが、自己紹介動画などで自身を名乗る際に「バーチャル」であることを公言しています。

しかし中にはバーチャルだと公言していない方もいるので、自分はその後者になりたいと考えています。

もしそこで「バーチャルだ」と言われても否定はしません。これは「視聴者がどう見ているのか」によるので、完全に否定はできません。

バーチャルYouTuber、VTuberだと言われても、YouTuberだと言われても、それは視聴者次第なのです。

ただ前例を見ると、活動をしている本人がバーチャルだと公言していなくても、バーチャルYouTuber、VTuberだと言われる傾向がある様子でした。


以上、バーチャルブロガーと名乗るのをやめて、ブロガーとしてこれからも活動していくことを書きました。

そのほか、それに合わせて自分が考える今後の活動についても書かせていただきました。

バーチャルを公言しない(バーチャル)YouTuber活動を目指す先にあるのは、バーチャルだけにとどまらず、現実社会にも関われるような存在になりたいと考えたこと。

今後どうなっていくのかは自分の課題でもありますが、活動を楽しみつつ、目標に向かって歩みを進めていく、そんな流れができたらいいなと思っています。

ブログカテゴリの最新記事