【LIVE Carnival】辻野あかりをピックアップ

【LIVE Carnival】辻野あかりをピックアップ

新年最初のデレステイベントに出演したのは、副担当の辻野あかりでした。

今年も担当・副担当アイドルのプロデュースは続けていこうと思っています。

今回は辻野あかりをピックアップしながらも、あかりの成長を見守るそんな記事です。

お正月のLIVEイベントに出演することになった菜々、紗枝、周子、あかり、あやめ、ナターリア、美波。

大規模なイベントになるからと緊張するあかり。

ファンとアイドルの立場の違いを超えた、イベント参加者全員でお正月を盛り上げるというのが、今回の目的なようです。

こういう形でファンと交流する機会はなかなかないため、いい経験になると言う美波。

アイドルとしてお客さんを楽しませるだけではなく、自分も楽しむという点にあかりは心わくわくしていた様子。

しかしプロデューサーからイベント直前の年末年始は、かなりハードなスケジュールになることを言われると厳しいと声をあげるあかりなのでした。


場面は餅つきイベントブース。たくさんの人にくらくらしてしまうと話すあかり。そして美波とナターリアと一緒に、お正月の過ごし方の話題になります。

ナターリアのところは大勢でパーティーをしていた様子。スケールも大きく、お祭りのようにご飯をたくさん作ったり、花火もしていたようです。

美波からどんなお正月を過ごしていたのかと聞かれ、農家の仕事というより、宣伝やグッズ作りなどのお仕事を手伝っていたと話します。

そしてりんごろうさんもこのイベントに来ていました。

子どもたちが群がってそんなに可愛いのかなと思ってしまうあかりですが、自分やりんごのことをもっと知ってもらうチャンスだと気持ちを切り替えるのでした。

そうしてファンのみんなとの餅つきイベントがスタート。あかりのひと声でファンのみんなを誘導していました。

美波が先にやり、次はあかりとナターリアの番。美波とファンの人たちが話しているその後ろでは、二人が楽しそうに餅つきをしていました。

ファンのみんながやる番になり、参加した女の子と一緒に杵を持つと声をかけるあかり。

そうして助け合いながらも、餅つきイベントを楽しんだのでした。


お客さんに喜んでもらえた姿を見て、あかりはりんごの波が来ているかもしれないと思っていました。

そこへ一人でいる男の子を見かけます。声をかけに行ったナターリアをフォローするあかり。

迷子ではない、大丈夫だと言う男の子にひと声かけて、その場を去る三人ですが、その様子がおかしいことに心配していました。

その様子を見て、あかりはその子が遠慮してしまっているのではないかと考えていました。

困っているなら助けようと言うナターリアに賛同するあかり。せっかくのお正月なのだから、楽しい思い出になるようにと言います。

あやめは本部の窓口に行って、誰か来ているかもしれないから見に行くと言い、その場を去っていきました。

残った二人でその子の様子を見ることになりました。見ているだけでいいのかと言うナターリア。

しかしあかりは、話しかけたらまたビックリされてしまうのではないかと、ためらっていました。

お話しようと真っ先に声をかけるナターリアの後を追い、怪しい者ではなく一応アイドルだということを名乗ります。

見たことがあると言われ、照れてしまうあかり。

そしてお近づきの印に、りんごろうさんのぬいぐるみを手渡します。

どうやら話している間に、あやめが男の子の父親を見つけていました。

そうしてせっかくのお正月だから、みんなで一緒にあたたまろうと提案するあかり。


場所はお雑煮ブース。あやめが男の子の父親を連れてきたのに対し、あかりたちはその迷子の男の子をこの場所へと連れてきたのでした。

無事再会した親子にお雑煮を勧め、アイドルお雑煮会が始まりました。

たくさんの人にふるまった後、あかりたちもお雑煮を食べ始めます。菜々曰く、ウサミン星の野菜を使っているとのこと。

どうやらお雑煮にもバリエーションがあるようで、教えてもらったと話すあかり。

しかし周子からは教えてもらった人の話を、あまり本気にしないようにと言われてしまいます。

真偽は不明ですが、みんなでお雑煮を味わうのでした。


最後に残るのはLIVEステージ。みんなで控え室に向かいます。

もうそんな時間なのだと実感したあかりですが、意外と緊張していないことに気付きます。

周子はこういう盛り上がりを昔は外から眺めていました。でも今日ばかりは、輪の中で一緒になって浮かれていたと話します。

そう言う周子にあかりも共感を得た様子でした。会場で過ごした時間もいい刺激になっていたのでした。

だから緊張よりも楽しいと思ったあかり。

しばらくレッスン漬けで、本気でしおれそうになったようですが、そのおかげで今があるならいいと思っていました。

このイベントで、いい経験を得られたようで何よりです。

ふと菜々からあかりの両親にとっては、今年最初のあかりがステージの晴れ姿なのだと、縁起がいいかもと言われます。

しかし会場にあかりの両親も来ていたようで、挨拶してきたと話します。

何かやらかしたのではと心配するあかりを、菜々はただ思っただけだと言っていました。

そうしてファンとアイドルの垣根を越えて楽しめたお正月。美波の言う通り、たくさんの人が心をひとつにして盛り上がることができました。

そうしてLIVEステージで新曲をお披露目します。


お正月LIVEを終えて、いろいろ大変だったけれど思い返すと幸せな思い出ばかりだったと言うあかり。

ステージに立ててよかったと嬉しそうに話します。

ここしばらく厳しいスケジュールだったので、しばらくはお仕事抜きでのんびりオフを過ごしてほしいと話すプロデューサー。

もうすぐ学校が始まるから、あまりのんびりしてもいられないことを思い、アイドルは厳しいと言っていました。

紗枝から彼女の両親が、プロデューサーに挨拶したがっているという発言をキッカケに、帰省旅行をする展開になります。

ナターリアもふるさと(ブラジル)で一緒にお祝いしようと話します。

スケジュールの調整には自信があるとメラメラ燃えているプロデューサーを見て、驚くあかりなのでした。

今後も担当・副担当アイドルが何か新しいお仕事をした際は、このようにピックアップして紹介していきます。

デレステカテゴリの最新記事