Sレア [トロピカルガール] 夢見りあむをお迎え

この記事は約3分で読めます。

2022年01月下旬のイベントでお迎えした、Sレア [トロピカルガール] 夢見りあむを紹介していきます。

夏の思い出を振り返る、トロピカルインタビューツアー。

南の島を満喫しながらも、夏の思い出をアイドルたちに語ってもらうロケ企画でした。

特訓前は友紀と一緒に、南の島を楽しむりあむが写っています。

特訓後はLIVEの様子でしょうか。

ドッキリもバンジーもない南国ロケは最高だと言うりあむ。

SSレア [夢見りあむしか勝たん] の時は、南国ロケに見せかけてバンジージャンプをやりました。

(そのせいでグレてしまいましたけれど…)

南の島公演をするなら南国気分を味わいたいと言っていたりあむですが、みんなの後押しもあって無事に叶いましたね。

こんなにも自分を甘やかすロケがあったかと考えたりあむ。

すべてが優しい世界すぎて逆に怖がっていました。

ご飯はおいしいし、空は青いし、自然はきれいだし…

りあむの周りにはお菓子パーティーにまぜてくれる天使(アイドルたち)しかいないと言います。

南の島で浮かれている場合ではないのかもと思ったようですが、アイドルが南国で楽しんでいればいいという考えに落ち着いたようです。

先ほどとは変わって、LIVEではしっかりと盛り上げてくれます。

後方彼氏面とはアイドルの現場において、後方や壁際などで見守るように参加しているファンのこと。

みんなで一緒に盛り上がろうと、声をかけてくれています。

よく考えたら同じ屋根の下で、友紀と二人っきりだということに気付いたりあむ。

一緒に輝く思い出を作ろうと話していました。

インタビューツアー 初日にして既にキャパオーバーしてしまったりあむ。

次から次へとアイドルたちの思い出を聞いていて、尊さがわんこソバ並みに来ると話します。

南の島への旅行にテンションが上がっていたのですが、そもそもインタビュアーは自分でいいのかと不安にもなっていました。

りあむはみんなより築いてきたものが薄っぺらいと感じていた様子。

でもその分、濃い自信はあると言います。

でもこれはよくあることで、ただの反動とのこと。

心のバランスも考えて、陽の者になった後の揺り戻しであると話します。

道はどこからでも作っていけると、どこかの偉い人が言っていたのを聞いた様子。

だからりあむのメモリアルロードはこれからで、後のことは気にせずに騒ぐと話します。

(個人的には黒歴史にはならないことを願います。)

LIVEにおける煽りの話をするりあむ。

本当は嫌だけど、厄介だって言われてもいいので騒ごうと思っていました。

やる気になればできるし、今なら勢いでなんとかなるはずだと思っていました。

りあむのメモリアルが普通だということに、何か言われると考えていたようで…

いろいろ考えた結果、未来のりあむの名誉のために思う存分はしゃぐことにしたようでした。

りあむの扱いが若干気になりますが、大好きなアイドルたちに囲まれて過ごす様子は微笑ましいと言えます。

りあむらしいアイドルの物語を見守っていけたらいいなと思っています。


方向性の見直しにより、イベントストーリーの紹介はやめました。

楽曲のストーリーコミュや、イベントを含むSレア・SSレアのお迎え記事は続けます。

コメント