【堕天使の微睡み】UR善子と特別ストーリー紹介

【堕天使の微睡み】UR善子と特別ストーリー紹介

こちらはスクフェス6周年記念の投票企画で、μ’sとAqoursそれぞれ1位に輝いたペアは特別ストーリーのほかに、描き下ろしURが追加されるという話でした。

Aqoursの1位になったのが、津島善子と国木田花丸ペア。それが去年の12月に、なかよし総選挙BOX勧誘という形で登場。引けば引くほど、中身が減っていくというものでした。

自分は津島善子激推しなので、何とか手に入れるためにここ(上の画像)まで引きました。


こちらのブログではそのUR善子を詳しく見ていき、特別ストーリーも一緒に紹介します。

UR津島善子 クールタイプ 『堕天使の微睡み(まどろみ)』

リズムアイコン26個ごとに、27%の確率でスコアが890増えるという特技を持っています。

センタースキルは新スキルで、クールPが9%UPするほか、善子,花丸のメンバーはさらにクールPが7%UPします。

自分はこちらのUR善子に”クールリトルデーモン”のスクールアイドルスキルをセットしました。(スクールアイドルスキルは、部員のステータスや特技を強化できるもの。)

善子のみがセットできるスキルで、装着した善子のクールPが29%UPします。

現在は特技レベルも上げつつ、少しずつ育成している状態です。


次はなかよし総選挙特別ストーリー『堕天使の羽を休めて』を、ピックアップして紹介していきます。ストーリーのテーマは温泉でまったり、小旅行気分とのこと。

季節は秋。温泉に来た善子と花丸。落ち葉を堕天に譬える善子。

どうやら行動も以心伝心だった様子。朝早いのに送信と同時にメールが届いた時には、善子は思考を読み取られたのではないかと思ったと言います。

特別招待券を譲ってくれたルビィとダイヤに感謝する二人。このチャンスを思いっきり満喫することを決めます。

ふと先に茶屋があり、そこに温泉饅頭があることに気付いた花丸は、お抹茶と一緒に食べたいと言います。晩ご飯が入らなくなるのではないかと心配する善子でしたが、付き合うことになります。

温泉饅頭を半分こする花丸。半分にすれば2倍おいしくなるし、晩ご飯の心配もしなくていいと言います。そうして二人静かな場所で、紅葉を眺めます。

ここで読書ができたらいいなと言う花丸に、善子は横の売店に本があったことを伝えます。

そうして本を購入した花丸。その本は温泉でも読めるように、特殊な加工が施してありました。

温泉を楽しみにする中、テンションが上がったからといって湯船に堕天はしてはダメだと言う花丸。しかし善子は、花丸の読書の邪魔になってしまうのでしないと言います。

海を眺めながらの露天風呂。この絶景とお喋りが楽しいので、読書は後にすると言う花丸。善子はこれだけ広くて海が近いと、泳ぎたくなってしまうと話します。

ゆっくり100まで数えてからあがるように言う花丸。幼稚園の頃一緒にいた二人は、小さい頃の思い出を思い出していました。

部屋に到着し、早速露天風呂に入ることになりました。善子は静かに堕天するとして、花丸は読書もしつつ、長風呂を楽しむ流れとなりました。

ひと段落して、温泉が気持ちよかったと言う善子。

善子は少しだけ寝かせてほしいと、花丸の膝を枕にして横になります。

そこで日頃のお礼を言い合います。いつもとは違う、二人のなかよしな様子が見られたストーリーでした。

ラブライブ!サンシャイン!!カテゴリの最新記事